So-net無料ブログ作成
検索選択

楽天カード
新商品 ブログトップ
前の3件 | -

ハンドドリップに適した電気ケトル「電気カフェケトル AKE-277」 [新商品]

アピックスインターナショナルから8月下旬に発売されるハンドドリップに適した電気ケトル「電気カフェケトル AKE-277」が話題になっています。

電気式には見えない外観デザインにこだわったステンレス製の電気ケトルです。銅のようなカッパー色(CP)とスタイリッシュなシルバー(SV)の2色を用意しています。

コーヒーにこだわる「ドリップマイスター・シリーズ」で、注ぎ口には湯の量をコントロールしやすく水切れのよい細口の形状を採用しています。給水口は洗いやすい広口で、湯が沸騰すると自動で電源がオフになる空炊き防止機能を搭載しています。

なかなかオシャレな電気ケトルですね。これからの季節に活躍してくれそうです。
本体サイズは、286×144×197mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約0.9kg。消費電力は900W。
気になる価格、店頭予想価格は3,980円(税抜)となっております。

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

全機種でデュアルカメラを搭載した「ZenFone 4」 [新商品]

ASUSより発表された、全機種でデュアルカメラを搭載した「ZenFone 4」シリーズが話題になっています。

ラインアップとして、「ZenFone 4」「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」の4機種となっています。それぞれ見ていきます。


■「ZenFone 4」

「ZenFone 4」は、フルHD解像度(1920×1080ドット)の5.5型IPS液晶を搭載したモデルです。
主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 660」または「Snapdragon 630」、メモリー(RAM)が4GBまたは6GB、ストレージ(RAM)が64GB。外部メモリーはmicroSDカード(最大2TB)に対応。OSは「Android 7.0」をプリインストールする。

カメラ機能では、背面にデュアルカメラを採用し、メインカメラが1200万画素で画角83度、広角カメラが800万画素で画角120度。前面カメラは800万画素となります。
無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0をサポートします。

このほか、指紋センサーを装備。SIMスロットはNano SIM×2。接続端子はUSB Type-Cを採用します。
バッテリー容量は3300mAh。本体サイズは75.2(幅)×155.4(高さ)×7.5(奥行)mm。重量は165g。
ボディカラーは、Moonlight white、Mint Green、Midnight Blackの3色となっています。

■「ZenFone 4 Pro」

「ZenFone 4 Pro」は、フルHD解像度(1920×1080ドット)の5.5型AMOLEDを搭載したモデルです。
主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 835」、メモリー(RAM)が6GB、ストレージ(RAM)が64GBまたは128GB。外部メモリーはmicroSDカード(最大2TB)に対応しています。OSは「Android 7.1.1」をプリインストールする。

カメラ機能では、背面にデュアルカメラを採用し、メインカメラが1200万画素で画角83度、ズームカメラが1600万画素で光学2倍。前面カメラは800万画素となる。
無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0をサポートする。

このほか、指紋センサーを装備。SIMスロットはNano SIM×2。接続端子はUSB Type-Cを採用します。
バッテリー容量は3600mAh。本体サイズは75.6(幅)×156.9(高さ)×7.6(奥行)mm。重量は175g。
ボディカラーは、Moonlight whiteとPure Blackの2色となっています。

■「ZenFone 4 Selfie」

「ZenFone 4 Selfie」は、HD解像度(1280×720ドット)の5.5型IPS液晶を搭載したモデルです。
主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 430」、メモリー(RAM)が4GB、ストレージ(RAM)が64GB。外部メモリーはmicroSDカード(最大2TB)に対応。OSは「Android 7.1.1」をプリインストールします。

カメラ機能では、前面にデュアルカメラを採用し、メインカメラが2000万画素、広角カメラが800万画素で画角120度。背面カメラは1600万画素となる。
無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0をサポートする。

このほか、指紋センサーを装備。SIMスロットはNano SIM×2。接続端子はMicro USBを採用する。
バッテリー容量は3000mAh。本体サイズは76.2(幅)×155.66(高さ)×7.85(奥行)mm。重量は144g。
ボディカラーは、Deepsea Black、Mint Green、Rose Pink、Sunlight Goldの4色となっています。

■「ZenFone 4 Selfie Pro」

「ZenFone 4 Selfie」は、フルHD解像度(1920×1080ドット)の5.5型AMOLEDを搭載したモデルです。
主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 625」、メモリー(RAM)が3GBまたは4GB、ストレージ(RAM)が64GB。外部メモリーはmicroSDカード(最大2TB)に対応。OSは「Android 7.1.1」をプリインストールします。

カメラ機能では、前面にデュアルカメラを採用し、メインカメラが2400万画素、広角カメラが500万画素で画角120度。背面カメラは1600万画素となる。
無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0をサポートします。

このほか、指紋センサーを装備。SIMスロットはNano SIM×2。接続端子はMicro USBを採用する。
バッテリー容量は3000mAh。本体サイズは74.83(幅)×154.02(高さ)×6.85(奥行)mm。重量は145g。
ボディカラーは、Deepsea Black、Sunlight Gold、Rouge Redの3色となっています。

いよいよ発売ですね、デュアルカメラ搭載でますます進化した「ZenFone 4 」シリーズ、目が離せませんね。


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

G-SHOCK生誕35周年の記念モデル「BIG BANG BLACK(ビッグバンブラック)」 [新商品]

カシオから9月8日に発売される、G-SHOCK生誕35周年の記念モデル「BIG BANG BLACK(ビッグバンブラック)」が話題になっています。

発売されるモデルは5種類

粒子を混ぜ込んだ塗料で時計表面を塗装したことで光沢感を低減した、いわゆるマットブラックカラーが採用されます。一方の裏蓋はゴールドをあしらった鮮やかな配色で、グラフィックアーティストのエリック・ヘイズ氏による35周年記念ロゴを刻印。バンドを止める遊環には「35」を意味するスターマークが刻まれるとのことです。文字盤の「SINCE 1983」表記と相まって、「G-SHOCK」が歩んできた歴史をこれでもかと体現した特別なモデルとなっています。なお、製品は専用パッケージに封入される予定だそうです。

ファンには堪らない1品となりそうです。

でも5種類もあるとどれを選ぶか迷いそうですね。
気になる価格、『GA-135A-1A』が2万円、『GG-1035A-1A』が4万3000円、『GW-5035A-1』が4万4000円、『GA-735A-1A』が1万9500円、『GA-835A-1A』が2万円(すべて税別)です。

スポンサードリンク





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション
前の3件 | - 新商品 ブログトップ
SEO対策テンプレート